TOPページへ TOPページへ TOPページへ
佐藤太清 - プロフィール 佐藤太清 - ギャラリー
佐藤太清 - 展覧会案内
佐藤雅子 - プロフィール
佐藤雅子 - コンサート案内
安田晴美 - プロフィール 安田晴美 - ブログ
作品集のご案内


佐藤太清年譜                       安田晴美 編
佐藤 太清 1913 大正 2年   11月10日、京都府福知山市字岡ノ上に生まれる。天田郡役所に勤務していた
 父・佐藤平馬、母・まさの四男。本名實(みのる)。
  出生直後に、両親が病没したため、梶原家にて養育される。
1927 昭和 2年   福知山惇明尋常高等小学校卒業。
1931 昭和 6年   福知山実践商業学校を卒業。
1932 昭和 7年   上京。太平洋研究所などでの活動を通じ、日本画で身を立てようと決意する。
1933 昭和 8年   児玉希望塾に内弟子(1936年迄)として入門。当時の門下生には、奥田元宋等がいた。
  雅号を「太清」とする。
1939 昭和14年   9月召集。京都伏見陸軍第16師団に入隊するが、10月急性大腸疚胸膜疚により
 京都陸軍病院に入院。12月に京都赤十字病院に転送。
1940 昭和15年   第1回錬社展覧会に召集前に制作した≪雪後≫出品。
  5月高野川陸軍病院に転送。6月自己退院し、召集解除となる。
1941 昭和16年   河野ひろと結婚。牛込白銀町(東京都・新宿区)に新居を構える。
1942 昭和17年   長女・雅子誕生。
1943 昭和18年   第6回新文展にて≪かすみ網≫が初入選。
1945 昭和20年   大谷口(東京都・板橋区)に転居。第1回現代美術展覧会(朝日新聞社主催)に
 ≪迎春≫招待出品
1946 昭和21年   長男・太康誕生。
  第2回日展に≪篁≫出品。
1947 昭和22年   第3回日展に≪清韻≫出品。特選受賞。
1948 昭和23年   第4回日展に≪幽韻≫無鑑査出品。
1949 昭和24年   第5回日展に≪竹林≫出品。
1950 昭和25年   第6回日展に≪朝顔≫出品。
  第1回日月社展に≪玄冬≫出品。
1951 昭和26年   第7回日展に≪竹窗細雨≫出品。
1952 昭和27年   第8回日展に≪睡蓮≫≪罌粟≫出品。前者は特選、朝倉賞を受賞。
  第3回日月社展に≪雨の日≫出品、奨励賞受賞。
1953 昭和28年   第9回日展に≪初秋≫委嘱出品。
1954 昭和29年   第10回日展に≪ダリヤ≫出品。
1955 昭和30年   武蔵野美術大学参与となる。
  第11回日展に≪冬池≫出品。
1956 昭和31年   第12回日展に≪樹≫出品。
1957 昭和32年   第13回日展に≪鯉≫出品。
1958 昭和33年   「尾山幟・佐藤太清二人展」を東洋美術館画廊(東京都・銀座)で開催。
  第1回新日展に≪立葵≫を出品。
1959 昭和34年   第2回新日展の審査員をつとめ≪寂≫出品、東京都美術館買上。
1960 昭和35年   新日展会員となる。
  第3回新日展に≪石楠花≫出品。
1961 昭和36年   第4回新日展に≪孔雀≫出品。
1962 昭和37年   第5回新日展の審査員をつとめ≪冬日≫出品。
1963 昭和38年   第6回新日展に≪水芭蕉≫出品。
1964 昭和39年   第7回新日展に≪花≫出品。
1965 昭和40年   日展評議員に就任。
  第8回新日展の審査員をつとめ≪潮騒≫出品。
1966 昭和41年   第9回新日展に≪風騒≫出品、文部大臣賞受賞。
  第1回日春展の審査員となり≪尾瀬≫出品。
  恩賜上野公園(東京都・台東区)弁天堂の格天井絵に≪朝顔≫、杉戸絵に≪桜≫を制作。
1967 昭和42年   前年に出品した≪風騒≫で、日本芸術院賞受賞。
  第10回新日展に≪燄≫出品。
1968 昭和43年   第11回新日展の審査員をつとめ≪洪≫出品。
  外務省の委嘱により国連本部(米国・ニューヨーク)に納める≪白鷺≫を制作。
1969 昭和44年   第1回改組日展に≪暎≫出品。
1970 昭和45年   日春展運営委員となり第5回展の審査をつとめる。
  第2回日展(改組日展、以下同)に≪緑雨≫出品、文化庁買上。
1971 昭和46年   日展理事に就任。第3回日展の審査員をつとめ、≪無≫出品。
1972 昭和47年   外務省の委嘱により在中国日本国大使館(中国・北京)に≪孔雀≫(昭和36年日展出品)を
 納める。
  第4回日展に≪夢殿≫出品。
  社団法人日本美術家連盟委員に就任
 (昭和48年まで、また同51~52年、同55~56年、同59~60年を歴任)。
1973 昭和48年   第5回日展の審査員をつとめ≪清韻≫出品。
  第8回日春展の審査員をつとめ≪水辺≫出品。
  東京都美術館後援会理事に就任。
1974 昭和49年   第6回日展に≪昏≫出品。
1975 昭和50年   日展監事に就任。第7回日展に≪東大寺暮雪≫出品。
  日本美術家連盟委員に就任。
1976 昭和51年   第8回日展に≪磨崖仏(弥勒)≫出品。
  「日本の四季展」(読売新聞社主催)に≪抄春≫≪篁≫≪佳日≫≪漾≫出品。
1977 昭和52年   日展理事に就任。第9回日展の審査員をつとめ、≪蓮≫出品。
  第12回日春展の審査員をつとめ≪パンジー≫出品。外務省買上。
1978 昭和53年   第10回日展の審査員をつとめ≪朝霧≫出品。
  日中条約締結に際し外務省の委嘱により≪花≫(第13回日春展出品)買上。
 華国鋒主席に贈呈される。
  東京国立美術展覧会会場建設委員に就任。
  日本美術家連盟委員に就任。
1979 昭和54年   現代日本絵画展開催に際し文化使節として中国訪問。
  第11回日展に≪雨の天壇≫出品。
  外務省の委嘱によりリオデジャネイロ近代美術館に納める≪牡丹≫を制作。
1980 昭和55年   昭和55年度日本芸術院会員となる。
  第12回日展に≪旅の朝≫出品。
1981 昭和56年   日展常務理事に就任。
  渡欧。フランス、イタリア、バチカン等を訪れる。
  第13回日展の審査員をつとめ≪旅の夕暮≫出品。
1982 昭和57年   メキシコ マヤ遺跡を訪れる。
  第14回日展に≪草原の旅(マヤの遺跡を訪ねて)≫出品。
  「日中友好10周年記念中国を描く現代日本画展」(読売新聞社主催)に
 ≪雲崗石仏≫等、5点出品。
  板橋区の委嘱により、板橋区立文化会館緞帳≪晨光≫制作。
1983 昭和58年   日展事務局長に就任。
  第15回日展の第1科(日本画)審査主任をつとめ、≪最果の旅≫出品。
  「大山忠作、加倉井和夫、加藤東一、佐藤太清四人展」を
 相模屋美術店(東京都・銀座)にて開催。
1984 昭和59年   「佐藤太清展」(読売新聞社主催)を松屋銀座、大阪大丸にて開催。新作8点を含む
 60点を出品。
  第16回日展に≪釧路湿原冬の旅≫出品。
  「現代日本画名画家展」中国美術館(中国・北京)にて開催。
 ≪燄≫≪蓮≫≪雲崗石仏≫出品。
1985 昭和60年   勲三等瑞宝章を受章。
  日展理事長に就任。
  第17回日展に≪旅鳥≫出品。
  最高裁判所(東京都・千代田区)に≪富貴花≫を納める。
1986 昭和61年   第18回日展に≪旅愁≫出品。
  総理官邸に≪富貴花≫を納める。
1987 昭和62年   第19回日展に≪旅立ち≫出品。
  「現代作家デッサン・シリーズⅠ 佐藤太清展」(朝日新聞社主催)を
 松屋銀座(東京都・銀座)にて開催。
1988 昭和63年   文化功労者に列せられる。
  日中文化交流協会常任理事に就任。
  第20回日展に≪旅途≫出品。
1989 平成元年   第21回日展に≪旅雁≫出品。
1990 平成 2年   第22回日展に≪丹頂の旅≫出品。
1991 平成 3年   第23回日展に≪雨あがり≫出品。
1992 平成 4年   文化勲章を受章。
  第24回日展に≪行雲帰鳥≫出品。
  式年遷宮記念神宮美術館(平成5年開館)創設に際し≪冨貴花≫を
 神宮(三重県・伊勢市)に献納する。
1993 平成 5年   皇太子殿下御成婚に際し、≪瑞鶴≫を宮内庁に納める。
  福知山市名誉市民となる。
  福知山市美術館にて、「文化勲章記念 佐藤太清展」開催。
  第25回日展に≪佐田岬行≫出品。
1994 平成 6年   第26回日展に≪雪つばき≫出品。
  板橋区立美術館にて「文化勲章受賞記念展 佐藤太清 瞬間の生命と永久の時」開催。
 代表作36点を出品。
1995 平成 7年   式年遷宮記念神宮美術館特別展「日本の心に薫る桜と菊」に≪喜久≫を出品し、
 神宮(三重県・伊勢市)に献納する。
  腹部大動脈瘤の手術を受ける。
1996 平成 8年   若い世代への美術奨励のために板橋区に「佐藤青少年美術奨励基金」が創設される。
2000 平成12年   福知山市美術館開館十周年記念特別展「終わりのない旅 佐藤太清展」開催。
 代表作17点と素描を出品。
2002 平成14年   「第1回福知山市佐藤太清賞公募美術展」(全国公募 福知山市主催)が開催され、
 京都、東京、神奈川を巡回。(以降、毎年開催)
  「佐藤太清記念中学生絵画展」(全国公募 板橋区主催)が開催される。(以降、毎年開催)
2004 平成16年   逝去。
  従三位に叙せられる。
  平成16年度区民文化栄誉賞(板橋区文化振興財団)、区政功労表彰(板橋区)が贈られる。

Copyright© SATO-TAISEI.COM ALL Righgt Reserved.
このサイトに掲載されている全ての文章・画像の無断転載をお断りいたします